みりりっこの「お金のことがわからない!」

会社を辞めたい中間管理職「みりりっこ」の【お金の勉強】&【節約】との闘いの記録(単なる雑記ブログ)

【会社員を早くリタイア】するため「会社の至近距離」に引っ越すのって!?

f:id:miriricco:20180910225603j:plain

 

会社員生活を早期に終わりにしたくてブログを始めたみりりっこですが、

いま書く時間や勉強する時間をもっと確保したくてたまらない病です。

 

 

 

なので当面の目標は、「自分の時間を確保するため」

通勤時間を限りなく減らすこと。

要するに「限りなく会社の近くに引っ越そう」ということ。

 

こんな突飛な考えは以前の自分なら

「Oh・・・狂ってる・・・」とコメントしたことでしょう。

 

でも今は1日1時間でも2時間でも使える時間を増やして

自分の生産活動に投入したい。

会社のための生産活動ではなく自分の。

 

これまであまり意識してこなかったのですが、

ブログを書く習慣ができてから、

  •  「毎日の通勤時間」・・・1日 1時間×2=2時間
  •  「だらだらご飯食べてコーヒー飲んで終わる昼休憩」・・・1日 1時間
  •  「なんとなくの残業時間」・・・1月あたり10時間前後(1日あたり約30分)

などが凄まじく無駄に感じるようになりました。

 

 これらの無駄な時間をできるだけ削っていくことで、

1日単位ではわずかな差でも、

1年・3年・5年と時間が経つにつれて大きな差が現れるはず。

 

職場から徒歩5分圏内に住むことができれば、

通勤時間はほぼゼロになるし、昼に自宅に帰れれば食事だけでなく仮眠もできる。

 

 

課題は職場の近くだと今よりも家賃相場が高いこと。

そのためには今より狭い物件で十分暮らせるように荷物を減らすことや、

生活コストを下げる工夫が必要になります。

 

なので、身軽に好きな場所に引っ越せる人間になるために

これから始めることや既にやっていることをまとめてみました。

 

モノを減らす

なるべく余計なモノを増やさないように気を付けてたつもりが、

一人暮らし6年目の今あらためて部屋を見ると、思った以上に増殖。

誰がこんなにモノを増やした・・・!?(お前だ)

 

中には一人暮らしを始める時に「きっと使うはず」と買い揃えたのに、

結局使わないものも結構ありました。

 

そういったものは欲しい人に上げるか、

不用品買取に引き取ってもらうか、

どうしようもなければ処分を進めています。

 

何となく目的もなしに片付けるよりも

狭い物件に引っ越す前提で片付けた方が、

決断に迷いが出にくいので早く進みます。

 

またちょっと捨てるハードルが高いものを思い切って手放すと、

片付けに勢いがでます。

 

生活必需品の買い方を変える

職場の周辺は住宅地もありますが、

大型スーパーも商店街も充実してません。

(都内って意外とこういう街が多い)

今までもAmazon楽天などネットショップは利用してきましたが

食料品など今までスーパーで買っていたものも

Amazonフレッシュ」などを利用する生活に切り替える予定。

こういうサービスが充実していると、住む場所の選択肢が柔軟に増やせますね。 

 

食生活(時間も同時に削減)

前はいつも疲れてるのを言い訳に、

  • 昼食は毎日外食→コーヒーショップコース。
  • 夜はデパ地下や駅の成城石井でデリやデザートを欲望のまま買い込む。

そんな食生活のせいで食費がバカ高く体重も増える一方でした。

安月給のくせに食費で無駄遣いをする残念家計の典型例ですね。

 

今は健康管理のためにも自炊を心がけていますが、

めんどくさがりなので無駄な工程はできるだけ省きたいです。

まな板出すのも嫌なレベル。

 

とはいえ味や栄養の質は犠牲にしたくない。

今はそんなわがままも叶えてくれる調理家電が充実しているので

ありがたい時代になったもんです。

 

例えば少し前に買った低温調理器「Anova」は肉・魚・卵など、

タンパク質が変性よりも低い温度・食中毒は防げる温度で

最適な加熱調理をしてくれます。

ジップロックに食材と調味料を入れて

設定温度になったお湯の中に漬けておくだけなので、

調理中はサラダを作ったりと別の事に集中できます。

ずっとガス台の前で見てなければならない調理法よりも

ラクでおいしいので、毎日良質なたんぱく源を取る習慣ができました。

(完全につっしーさんの影響ですがね。)

 

今度は野菜調理用に「ホットクック」も購入する予定です。

 

「Anova」よりも更に高額ですが、時間&お金の節約に加え健康にも

貢献してくれるなら投資した以上のリターンが得られるでしょう。

( こちらは完全に勝間和代さんの影響ですがね。)

 

これらの調理家電を活用+職住近接生活の相乗効果で

時間と食費の節約が期待できます。

 通信費

通信費、特にスマホ使用料は固定費の中でも大きなウェイトを占めます。

格安SIM」を「よくわからないから怪しい」と調べもせず、

「やっぱり3大キャリアじゃないと安心できない」

という古い常識にとらわれている限りは。

 

自分は既にざっくり見直し、削減しています。

(とはいっても割と最近ですが)

以前は大手キャリアでスマホを使ってましたが

解約して格安SIMへ乗り換え。

 

ネットはフレッツ光を契約してましたが、

iPadkindleなど外でも使うガジェットが増えたので

解約してモバイルWi-Fiに乗り換えました。

スマホ使用料とモバイルWi-Fi合わせても、以前の3分の1程度に収まってます。

 

 格安SIMにかかわらずですが

「新しくてよくわからないもの・サービス」

を敬遠してわからないままでいると、

無駄なお金や時間を搾取され続けるように、

世の中はできてしまっていますね。

 

被服費・美容

これも工夫次第でかなりカットできます。

服に関しては、以前はユニクロなどファストファッション中心でした。

が、今はファストファッションで買うのを止めました。

今はほとんどの服を百貨店のとある場所・タイミングで買っています。

でも今の方が服の枚数もかける費用も格段に少なく、長持ちしてます。

わりと独特な買い方だと思いますので、今度別の記事で紹介します。

 

美容代も下手したら20代の頃の10分の1程度です。

スキンケアをひとつとっても、前に美容部員をしていた頃は、

自社の高級スキンケアをフルライン使い。

 

でもって、今は保湿ならせいぜい「ニベア」と「白色ワセリン」を、

乾燥した箇所に使う程度。

推定3万前後から1000円代に激減しました。

 

 

で、これだけコストを激減させた結果。

たいして肌が衰えていないのだから、

あの馬鹿げた出費はなんだったのかとむなしくなりますね。

 

次の課題は美容院代です。

カットモデルに切り替えるか検討中。

 

以上。

とりあえずはこんな感じに身軽に引っ越す準備を進めてます。

 

他にも無駄な部分はたくさんありそうなので、

遊び感覚で見直していきたいですね。

 

これからもっと、やりたい事をするために不要な部分をけずって

フットワーク軽くしていきます!