みりりっこの「お金のことがわからない!」

セミリタイアを夢見る中間管理職「みりりっこ」が【お金の勉強】&【節約】&【うつ病】について語るブログです。

うつ病で休職中の過ごしかた【音を減らすとストレスも減る】

f:id:miriricco:20181113211613j:plain

こんにちは、うつで休職中のみりりっこです。

 

皆さんも毎日過ごす環境のなかで、何かしらストレスってありますか?


仕事などで常にストレスまみれの環境が悪化すると、人はどこかで限界がきます。

私も今まさにそうですが、うつ病などの心の不調で休養されている方はとても多いと思います。

 

 

心の休養にはただ「仕事を休む」だけでなく、環境を整えることがとても大事です。

今も医師、カウンセラーからのアドバイスを参考に静養していますが、より効果をあげるには自分で工夫が必要な場合もあります。

 

そこで今回は心を休めるのに必要な「静かな環境」について、お話したいと思います。

 

「耳に入ってくる音」を減らして心を休めましょう。


私は休職に至る前から1年ほど不眠に悩まされていたので、休職し始めの時期は睡眠薬を処方され、それこそ泥のように眠り続けていました。

そして不眠がだいぶ解消されてきてからは、なるべく規則正しい生活をして家に引きこもらず、外を歩いた方が良いとアドバイスを頂きました。


でもいくら外に出たほうが良いとはいえど、騒音の多い環境では逆効果だったりします。


静かな環境がどこでも手に入るとは限らない。

住んでいる地域が静かな環境なら良いのですが、都内のように人口密度の高い街ではそうはいきません。

私も、せっかく出かけた先のカフェや公園が騒々しいと、かえって苦痛を感じてしまいます。
とはいえ自分の都合で周りの人にお喋りをやめてもらう事など現実的ではありませんし、静かな山奥に長期療養をしにいける余裕もありません。

 

そのため外にいるときは常にノイズキャンセリング機能のついたヘッドホンをつけるようになりました。


どこでも静かな環境を作ってくれる「ノイズキャンセリングヘッドホン」

 

最初は小型のワイヤレスイヤホンを付けていましたが、電池の持ちが悪く装着時の違和感からも長時間使用には不向きでした。


そこで調べに調べて、購入してみて本当に良かったのがこれ。

ソニーSONY)の ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンです。

 

 


電源をオンにするとノイズキャンセリング機能が働くので、一瞬で静かな環境を手に入れられます。

カフェでも公園でも、周りの人の話し声などはほとんど気にならないレベルまで低減してくれます。(もちろん、完全な無音にはなりませんが)

小型のワイヤレスイヤホンに比べたらとても大きいですが、慣れるとこちらの方が快適です。


なによりも、これを付けるようになってから、今まで騒音にどれほど消耗させられていたかに気づきました。

 

 

「音」から受けるストレスは想像以上

毎日過ごしている職場や住環境などでは、普段晒されている音について感覚がマヒしている人が多いと思います。

 

でも、一度ノイズキャンセリングで音を軽減してみたり、静かな自然の中に身を置いてみると、普段どれほどの音の洪水に晒されているか改めて気づきます。

 

これまで私が過ごしていた職場の音環境

職場は一フロアあたりの面積が狭く、人口密度が高い事務所です。
常に何人もの話し声や電話の鳴り響く音など、さまざまな音の洪水でした。

 

おまけにこんなことも日常茶飯事。

  • 集中していても、しょっちゅう不意打ちで別の雑用を頼まれる。(音だけの問題ではないですね)
  • 近くでやってる「自分が参加していない打ち合わせ」でも、突然呼ばれたり質問が降ってきたり。(参加してなくても耳を傾けていないといけない雰囲気)
  • (ボスがいない時間帯は特に)先輩方の愚痴話につかまる。
  • 社内外から(メールで済む案件でも)内線、外線、内線、外線電話の嵐
  • 感情の起伏の激しい先輩が隣の席にいて、機嫌が悪いと動作が乱暴になり何かと大きな音を立ててくる。(ため息連発、受話器を乱暴に置く、書類をバンっと机に置くなど)

などなど「音の洪水」「干渉による中断」のオンパレードで全く仕事に集中できる環境ではありませんでした。


当然生産性も低くなり、忙しいのに気が散って仕事が中々進まないという悪循環が続きました。

自分は特に、周囲の環境に影響されやすい性質なので、こんな環境下に長年いたことが今回の不調の原因になったのではないかと思います。

 

もちろん、外的刺激への耐性は人によって全く違います。
世の中には賑やかな方が好きな人、どんなに周りがうるさくても気にならない人の方が多いかもしれません。

 

ですが、音などの外的刺激に悪影響を受けてしまう性質の人も一定数存在します。
今いる環境がストレスフルな人は、音もその原因の一つではないかと考えてみるのもおすすめです。

 

もし当てはまるようなら、思い切って自分が集中できるような環境に移る(転職など)、心身を病むほど悪化しているなら私のように一定期間休養して騒音から離れてみるなど、検討しても良いかもしれませんね。

 

簡単に改善できることではないかもしれませんが、心と体の健康が一番大事です。

(まあ、健康をそこねてからようやく気付くんですけどね・・・)

 

今はまだ療養中で、いつ復職できるのかもわかりませんが、自分の性質を踏まえて今後の仕事内容や環境について会社に相談できたらいいなと考えています。

 

それではまた。