みりりっこの「お金のことがわからない!」

セミリタイアを夢見る中間管理職「みりりっこ」が【お金の勉強】&【節約】&【うつ病】について語るブログです。

うつ病で休職中の過ごし方【4つのマイルールで生活を整える】

f:id:miriricco:20181201190746j:plain


 

 久々の更新となりました。

相変わらずうつ(軽度)で休職中のみりりっこです。

 

 

 会社に行かなくなっても毎日が普通に過ぎていくので、なんだか社会から少しずれた位置に浮遊しているような、不思議な感覚です。

 

体調やメンタルの調子は日によっても変動はありますが、休職する直前の酷さに比べれば格段に落ち着いているかとは思います。

(こんな風にブログ記事まで書けている日はかなり調子が良いほうです。)

 

今回はわたしの、休職中の生活について語ろうと思います。

 

休職中の生活に「マイルール」をつくってみた理由

 わたしは元々引きこもり体質なので、休職生活に入って以降、通院の時以外は電車に乗って出かけることもめったになく、人に会うこともほとんどありません。

自宅から徒歩圏内のごく限られたエリアの中で、これまで以上に地味な毎日を送っています。

ですがここ何年も味わった事がないほど平穏な気分を味わっています。

(まあこの生活をいつまでも続けられるわけではないので、期限付きだと理解した上ではありますが。)

 

そんな地味すぎる休職ライフなので、当然大きなイベントや楽しい出来事もありませんが、鬱だろうと、地味だろうと、そこに生活はあるのです。

特にわたしは一人暮らしですので、最低限自分の世話やメンテナンスは自分でする必要があります。

 

(これは、わたしの症状がまだ「自力でなんとか生活できるレベル」ということでもありますので、もし自分で何もできないほど悪化したら、いよいよ入院するか実家に帰るかしかなくなるでしょう。そうなる前に休職できたのは不幸中の幸いです。)

 

私は元から相当ものぐさな性格なので、休職生活を始めたとき、毎日自力で生活していく上である程度のマイルールは必要だなと思いました。

なので、「最低限これだけはやるぞ」という日課を決めています。

 

そして今のところ、多少体調やメンタルの調子が悪くても毎日こなしてはいます。

 

これらの習慣は少なくとも自分のメンタルには良い影響を与えてるので、同じような状態の方がいらしたら参考程度にご覧いただけたらと思います。

 

休職生活 ルール1 起きたらすぐに着替えて外に出られる格好になる

 私の怠惰な性格上、これをやらないと一日中寝間着のまま家で死んだように過ごすことになります。

 ただし、外出するための身支度とはいっても、私はもともと、通勤していた頃から朝の着替え・ヘアメイクは10分以内で完了させていたので、ハードルは高くはありません。

 

忙しい社会人女子におススメ【朝の身支度を10分で終わらせる方法】 - みりりっこの「お金のことがわからない!」

 

起きる時間について

私の場合、不眠症向けの処方箋を服用している影響で、早めに就寝しても驚くほど長時間眠ってしまうことがあります。

なので理想の起床時間はあるけどルールにはしていません。

自分でコントロールが難しいことは割り切ることも必要です。

 

休職生活 ルール2 とにもかくにも外に出て30分以上歩く

 「ルール1」ができたらすぐに外に出ます。

私の性格上、やはりこれをやらないと一日中家に引きこもって生きた屍のようになるので必須です。

朝辛くて、ゾンビのごとく起き上がるような日でも、なんとかここまで漕ぎつけるようにしています。

 

とりあえずでいいから外に出て、新鮮な空気を吸って、歩いて、日光を浴びるだけで、気分はだいぶ変わります。

 

わたしの場合、自宅から徒歩圏内に大きな公園や大学、公共施設が集まったエリアがあるので、そのあたりまで歩いて帰ってくると結構な歩数をかせげます(万歩計はつけてないけど)。

 

更に早起きができた日はiPadを持って出かけ、スタバや近くの大学のカフェテリアで動画教材を使って学習したりしています。

(ランチ時間以外は外部利用客OKのところなので、空いてる時間は勉強するのに最適です)

 

休職生活 ルール3 一日中、ひたすら動画・音声教材を聞き続ける

 「ルール2」で外を歩いているときも、家で家事をしているときも、ちゃんと教材や画面と向き合いながら学習するときも勿論、常にヘッドホンをつけて浴びるように聞いています。

 

どんな気分の時だろうと、何をしている時だろうと、問答無用でノイズキャンセリングのヘッドホンを装着して教材を何度も何度も流し込めば、知識となって蓄積されていくから。

たとえ死にたいくらい最悪な気分の時だろうと。

 

みりりっこが視聴しているコンテンツ 

 実はですね、メンタルやられて精神状態が相当おかしくなっている間、トチ狂って高額な情報教材を色々買ってしまいました。

 

・FP3級の動画講座FP 通勤講座 (これはかなり安いしコスパ良いです)

・投資スクール

・ネットビジネス教材

 

これらに、この前のボーナスなど一瞬で吹き飛ぶ金額を投資しました。

 

狂ってますね。

 

でも、私にとってはこれが結果的に良かったんです。

 

「これらの教材をインプットすること」に徹底的に時間をつぎ込んでいるので、テレビやYouTubeのように「時間を浪費するだけの娯楽系コンテンツ」に一切時間を奪われないからです。

 

こうした教材がなかったら、一日中くだらないバラエティー番組や、YouTubeのどうでも良い動画を延々と追い続け、膨大な時間を失っていたことでしょう。

 

他にも、前から入会しているメンタリストDaigoさんのチャンネル(ニコニコ動画/月額各¥540)も安価な上、良質なコンテンツなので、おススメです。

 

ch.nicovideo.jp

 

そもそも私がテレビをほとんど見なくなったきっかけはDaigoさんの放送を観始めたからですし、「ルール4の自炊」が楽にできるようになったのも、半分くらいはDaigoさんの、というかつっしーさんの料理放送のおかげなので、自分にとってはかなり恩のあるコンテンツです。

 

ch.nicovideo.jp

 

密度の濃いコンテンツを観る・聞くようになってからだと、たまにテレビをつけるといかに無駄が多いか良くわかるようになりますね。

見せ場(オチ)を無駄に引き延ばしてると分かると、その時点で消してしまいます。

 

 

また、もし去年までの私だったら、買い物でストレスを発散する悪癖があったので、服飾品や雑貨など、何の資産にもならないモノにお金を使いまくっていたでしょう。

(実際に一年前の今頃も、ストレスが酷かったせいか、買い物でものっすごい浪費してました。)

 

曲がりなりにもお金のことを勉強し始め、お金に対する意識が変わった今年だっだからこそ、頭がおかしくなってもお金の使い先が変わったのだと思います。

 

メンタル不調で休職生活に追い込まれ、突然毎日何もすることがないぽっかり空いた時間を得ることになりましたが、ここにきて改めて、動画・音声教材の凄さを実感してます。

 

付け加えると、ノイズキャンセリングのヘッドホンは高かったですが、本当に買ってよかったです。

周囲の騒音ストレス軽減のために買ったのですが、騒音をカットしつつ、音声教材を聞いていると、ヘッドホンなしの時とは集中度がまるで違います

 

うつ病で休職中の過ごしかた【音を減らすとストレスも減る】 - みりりっこの「お金のことがわからない!」

 

 

  

休職生活 ルール4 どんなにテキトーでも良いので自炊する

 4つのルールの中で、これをクリアするのは一番簡単でした。

 

何故なら以前から私は、自炊について、

「いかに手間を省き、時間を掛けずに美味しい食事を作るか」

をテーマに日々改善(簡略化?)に努めてきたからです。

(自慢げに言うことではないですね)

 

具体的に言うと、「いかに包丁・まな板を使わずに済ませるか」とか「使う器具をもっと減らせないか」とか。

 

こんな風に、ズボラ道を極める方向に創意工夫を重ねてきたわけです。

 

そして私のズボラ道は、自分自身がメンタル不調になってもこなせる程、楽にできることが実証できました。

 

あと、食材の買い出しがおっくうなのと、買い物に行くとお金を使いすぎてしまうという理由で、オイシックス Oisix)のネット配達メインにしたのも正解でした。

 

近所のスーパーよりも割高ですが、週一くらいで必要なものだけを計画的に注文するので無駄買いを防いでくれるし、ウォーキングの帰りにスーパーに寄って重い食材を買って帰る必要がなくなりました。

と同時に、食材自体がそんなに手を加えなくてもめちゃくちゃ美味しいので、更にずぼら料理で良くなったのも大きいです。

 

ちなみに、オイシックス初めての人限定のお試しセット【kit Oisix(きっと、おいしっくす)】 異常なほどお得なので、興味のある人はとりあえずこちらで試してみられるのがおすすめです。

¥4,980相当の商品詰め合わせが¥1,980で購入できるので、何度でも注文できたらいいのにと思う程ですが、あの大盤振る舞いではリピートされるとさすがに赤字になるでしょう。

(内容はその時々で変わるようですが、私が購入したときは、20分で作れる調理キットから、野菜、乳製品、加工食品など、人気商品を一通り集めた感じの詰め合わせでした。)

 

今は楽ちん&時短調理に役立つキッチンツールと、上質な宅配の食材のタッグのおかげで、最小限の手間で美味しい食事ができています。

  

あと付け加えると、私は一日の食事回数が3食ではなく、1.5食くらいなのも、自炊の負担が軽い理由の一つかと思います。

夜だけはきちんと食べますが、昼はおなかが空いたら蒸した野菜やゆで卵を食べる程度にしています。

これは元々健康のためにやっているのですが、食事回数が少ないと、その分調理して食べる分の時間が浮くので楽にもなりますし、食後に消化酵素の消費で眠くなる時間も減るので、自分にとっては利点が多いです。

 

まとめ

 こんな感じで、うつの症状がまだ軽度だったのと、元からのものぐさで、「異常なまでに手間を嫌う性格」が幸いして?誰の手も借りられない一人暮らしの休職生活でも、なんとか平穏無事に成り立っています。

 

なんでも真面目すぎないほうがうまくいくってことでしょうか。

 

これら4つのルールは本当に最低限のルールなので、その日の体調によってはもっといろいろなことが出来たりします。

 

一方で本当にこれだけで終わる日も少なくないですし、色々なことができるに越したことはないのですが、毎日とりあえず、「この4つの日課をクリアすれば良し」ということにしています。

 

これらが歯を磨く習慣のように当たり前に身に付いたら、次の日課を取り入れれば良い。

そんな風にとらえています。

 

久々の更新だったので長くなりましたが、休職なんて一生のうちでもめったにない経験なので、体調の良いときだけでも簡単な記事を更新できればと思います。

 

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。