みりりっこの「お金のことがわからない!」

セミリタイアを夢見る中間管理職「みりりっこ」が【お金の勉強】&【節約】&【うつ病】について語るブログです。

うつ病で休職中の過ごし方【寒さや悪天候とうまく付き合う】

f:id:miriricco:20181212000102j:plain

こんにちは、休職中のみりりっこです。

 

12月に入って冬の寒さがどんどん厳しくなってきていますね。

天気も崩れ気味で、どんよりした毎日が続いています。

 

 

 

こんな日が続くと、寒さに身体がこわばって冷え込んでいるうちに、気持ちまで滅入ってしまいがちです。

 

私自身、どうも最近朝の体調が悪化してるな~と思っていました。

 

不眠対策の処方箋を服用しているので眠れていないわけではないのですが、朝目覚めてもすぐに起き上がることができない。

 

なんか起きようとしても身体が鉛のよう・・・。

 

気持ち的にも何でかわからないけど無性にツラい

 

もう一日を始めるのすら苦痛だ・・・。

 

そうなってくると、完全に起き上がる時間も先月よりも2~3時間遅くなるし、日課の散歩に出る時間もどんどん後ろ倒しになっていきます。

 

起きる時間と出かける時間のルールは決めていませんが、

自分でも「あまりにも遅くない?」って思ってしまうわけです。

 

午後になって身体の調子が戻ってくると、気分的にも安定してくるので、朝のゾンビ状態になってる時間がもったいなくなってしまうんですよね。

 

かといって、一時的に気合で無理して早起きしようとしても、続かないことは分かっています。

(むしろ悪化するかも。)

 

なので朝の辛さを解消するためにほんの少し工夫をしてみました。

 

室温をコントロールして身体を動かしやすくする

 

部屋を暖めとく。これだけです。

 

要は、外がどんなに寒くて天気が悪かろうが、起きる時に部屋をあったかくしておけば、「起きる」という行動のハードルが下がるということ。

 

具体的には朝起きたい時間の少し前にエアコンのオンタイマーを入れておくだけです。

 

たったこれだけなんですが、朝の辛さはかなり半減しました。

 

実は私、これをやる前日まで、なぜか寒くてもエアコンをつけずに厚着するだけで耐えていました。

 

日に日に寒くなっているのに、エアコンをつける発想に至らなかったのです。

 

一日の大半を家の中で過ごす生活が続いていてタイミングがつかめなかったのですが、よく考えればアホですね。

 

さっさとつけなよ、と自分につっこみました。

 

エアコンを使い始めて、いかに身体が冷えでこわばっていたかを実感しました。

 

うつでなくとも、冷えは健康の大敵です。

 

 

冬の寒い時期はうつでない人も要注意

 

うつ病にはいろいろ種類がありますが、秋から冬にかけてだけ発症する「冬季うつ病と呼ばれるケースもあるくらい、気候がメンタルに与える影響は想像以上に大きいんですよね。

 

この時期は、寒さや年末年始の忙しさ、日照時間の減少でセロトニンの分泌も減るなど、心身へのダメージが大きい時期です。

 

なので特に冬の時期は身体を温めたり、疲れをとったりと、意識して自分をケアしてあげましょう。

 

私自身、毎年極端に寒い時期は「抑うつ状態」になりやすかったり、季節問わず天気の悪い日は頭痛が起こりやすかったりと、もともと気候・天候の影響を受けやすい体質です。

なので今年の冬が、メンタル不調とも重なり特に調子が悪くなるのもおかしくはありません。

 

部屋の環境を整える

 

まずは自宅で過ごす時間は、電気代をケチらずに部屋を暖めましょう

 

同時に乾燥もしやすいので、加湿器で湿度もコントロールしましょう

 

私は喉から風邪をひきやすいので冬の加湿は必須なのですが、スギ花粉症もかなり重症なので、加湿空気清浄器はホント手放せません。

 

外の環境はコントロールできませんが、自分の住まいだけでも空気を綺麗にしておくとだいぶ辛さも違います。

 

私は無駄な出費はしないようにしていますが、風邪やインフルエンザ、鼻炎の予防のためなら多少の電気代や家電の購入費は、必要な出費だと割り切ってます。

 

体調を崩したり病気になったりすれば、もっと損失が出ますから。(私の場合もう出てますがね・・・)

 

ちなみに加湿空気清浄機で人気のシャープ製、最新版はかなり高いですが、2~3年前くらいの型なら手ごろで機能も十分なので、お金によほど余裕がある人 でなければ少し前の型をおススメします。

 

 

外側からと内側から身体を温めて、とにかく冷やさないこと

 

f:id:miriricco:20181212010124j:plain

 あとは、とにかく体を温める服装をし、温かい飲み物や食事で外から、内から、体を温めましょう。

 

特に女性は締め付けの強い服も血行が悪くなって冷えの元になるので、下着やタイツの締め付けに要注意です。

 

普段から着慣れていると、だんだん締め付けていることに感覚がマヒしてしまうので締め付けてることに気が付かないんですよね。

 

でも休職生活で毎日ゆったりした服装でよくなって初めて、今まで身体を締め付けてダメージ与えてたな…と気づきました。

 

また飲み物も、仕事していた時は毎日コンビニのコーヒーが手放せなかったのですが、今の生活ではコーヒーは外出時にたまに飲むくらいになりました。

 

もともと家では毎日ルイボスティーを飲んでたのですが、ずっと家にいるようになってからは一日中ルイボスティーばかり飲んでます。

やっぱりコーヒー飲むよりもほっとします。

 

友人から「便秘に効果あるよ」と勧められてからずっとルイボスティー党ですが、それだけでなく女性が飛びつく成分が多いんですよね。

 

老化防止の抗酸化力が高かったり、ミネラル豊富だったりするので、美容やアンチエイジングに気を使う同年代の友人知人の中でも飲んでる率が高いです。

 

ずっと飽きずに飲んでいるのはグリーンルイボスティーですが、多くの妊婦さんや妊活中の女性に支持されてる商品なので、安全性の上でも安心です。

 

vegestory【グリーンルイボスティー】

 

身体を温められるなら好みの種類のお茶で良いと思いますが、せっかくならルイボスティーのようにカフェインレスでリラックス効果のあるお茶を選ぶのがおススメです。

 

こんな感じで絶好調とは程遠いですが、ちょっとずつ色んな工夫をして、辛い冬の時期を乗り越えようとしています。

 

皆さんも病気にまでならずとも、疲れがたまったり風邪を引きやすい時期なので、体をあっためて大事にいたわって下さいね~。